超個人的漫画批評

Hello Manga Lovers all over the world, 漫画と共に歩んできた三十数年。 漫画喫茶に20代の全てを注ぎ込み、漫画こそが最高の娯楽だと信じてきた。 少年少女青年、昭和平成、時代もジャンルも問わずに読み続けてきた。 自身を形成しているのは漫画と言っても過言ではない。 そんな人生に少し後悔もあるが、、、此の先に在る奇跡を目指し、超個人的漫画批評、はじめよう、、 さぁ 、行こうか。           超個人的漫画批評は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサ

疾風伝説 特攻の拓 (98.6点)

疾風伝説 特攻の拓 (98.6点)

(かぜでんせつぶっこみのたく)

原作 佐木飛郎斗 作画 所十三

週刊少年マガジン 全27巻

 

疾風伝説 特攻の拓(27) <完> (ヤンマガKCスペシャル)

疾風伝説 特攻の拓(27) <完> (ヤンマガKCスペシャル)

 


先日〜不良漫画の聖書(バイブル)として熱笑!花沢高校を記事にしたのですが、どーしても書きたくなった...

自分の青春全てをこの漫画に注ぎ込んだと言っても過言では無い...
独特な言い回しは...
そぅラップのラィム?
それともヴェートーベンの第九?
プチョヘンヅァ?
佐木飛郎斗の世界観全開でいくぜ..bullshit...(クソダラァヤロウと言っていますwwwポヤシミ〜)

さて不良漫画界のディザスター(大災害)!特攻の拓!一般男子高校生が1人の不良少年に出会い憧れを抱いて自身もその道を極めて行く物語。

この漫画のおかげ様で舞台の中心となる神奈川県、横浜市には全く近寄りたくないと、大人になった今でもそう思うのである。
主人公・浅川拓の通う高校、横浜市立聖蘭高校ここに通うものは全員が暴走族、愚連隊、ギャング、ヤ○ザなどに関わってくる者ばかり、よくこの手の漫画で悪さを基準に偏差値を挙げてる作品が見られますが、オレ氏的に特に意味なくないーと思っています。作中は神奈川県弁?をしゃべっているのかな?セリフのチョイスは神がかっている。ネーミングセンスも抜群だ。風神雷神が人間界にいてしまっている。鬼のキヨシ、韋駄天のヒロシ、などと呼ばれている人間がそこら中に居るのである。今まで生きて来て異名を持つ奴に会ったことがない。中心となるのは15.6歳のガキ共に大人がタジタジ。冷静に考えるとタジル事は微塵も無いはずだ。原作の佐木飛郎斗さんの作品はクセになる要素が詰まっている?

爆音小僧マー坊くんの名台詞、ひき肉にしちゃうよぅ⁉︎ひき肉だぁー⁉︎手ごねハンバーーグ⁉︎みたいな
キーマンとなる龍神天羽セロニアス時貞さんに関しては、ワールド全開でバグってワケがわからない。オレからすると龍神天羽セロニアス時貞=台北ナパキャットワンチャイみたいなもんだ。ンドゥルフポゴラドルジもしかり。単車、音楽、薬、女とバイオレンスなシチュがかなり多い。作中、多分ヒロインは晶というスケ番だと思うが晶にキナ臭いとこんなセリフがある。高校1年生の女子がいきなりキナ臭いよねって言ったらビビるよね。何キナって、意地でもググらんわ!
やはり不良漫画と言えば誰が強いのか気になるよね〜wwwオレ的ランキングをつけてみた。
S級 鳴神秀人(外道) 

       天羽時貞(獏羅天) 
       一条武丸(魍魎)

A A級  来栖奈緒巳(蠅の王) 

           鰐淵春樹(夜叉神) 
           緋咲薫 (ロクサーヌ)

A級    榊龍也(朧童幽霊) 

           鮎川雅人(爆音小僧)

B級    那森須王(元獏羅天)

          慈統京一(極悪蝶) 
          八尋渉(相州聖龍連盟會)
C級    沢渡弘 風神(獏羅天)

           一色大珠(美麗) 
           真嶋秋生(爆音小僧)
以下    デブ崎(朧童幽霊)

           ワラジとヒラメ
           浅川拓(主役)

           仏のガミさん
とまぁこんな感じかなwww
補導歴ゼロだ⁉︎  で何ッ⁉︎
外道の秀人がやっぱ1番カッコいいかな〜ロクサーヌの緋咲とのタイマンが筆者的に1番だった。(コミックス11巻参照)キャラ達が乗るバイクへのこだわりもハンパない。主に旧車が多い定番チューンもあり ハイセンスなカスタムもありそこも見どころの一つだ。

主役になる拓ちゃんの起こす奇跡も中々。のちにバイクセンスは神奈川県では右に出る者はいない。この漫画のキーワードであるスピードの向こう側....  そこにたどり着いたのも唯一主人公の拓のみである。
この漫画の色々と突っ込まれている有名なセリフが、不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまったんだよ...是非この1コマ見てほしい普通、不運と記載されてたら隣には読み仮名が(ふうん)とつくはずなのが...結果ハードラックとダンスっちまったんだよになっちまったんだよ、と言っちゃってまったんだよ。という訳だ。筆者多分10回くらいは読破している。なので何気ない1コマでどのシーンかわかってしまう。
特攻の拓スピンオフ作品も出ています。佐木飛郎斗さん原作の漫画では、舞台が神奈川県なので別作品でも特攻の拓繋がりが描かれています。そこが嬉しい所でもある。所十三さんの産み出すキャラも秀逸でカッコ良すぎます。
暴走族の世界、それはこの漫画を読めばいい。これで君も明日から爆音小僧の仲間入りだ。くれぐれもハードラックとダンスっちまうことは無いように...黒夢ごきげん おーしプクイチすっべか

佐木飛郎斗 他作品

R-16

爆音伝説カブラギ

永遠のうた

 

所十三 他作品

突撃め! 第二少年工科学校

名門!多古西応援団

ドルフィン

 

今後記事を書く作品

電影少女 自殺島 やっぱ!アホーガンよ
魔法陣グルグル ハンターxハンター
富士山さんは思春期 etc

 

【!?】特攻の拓とかいう漫画 : ドンと来い速報