超個人的漫画批評

Hello Manga Lovers all over the world, 漫画と共に歩んできた三十数年。 漫画喫茶に20代の全てを注ぎ込み、漫画こそが最高の娯楽だと信じてきた。 少年少女青年、昭和平成、時代もジャンルも問わずに読み続けてきた。 自身を形成しているのは漫画と言っても過言ではない。 そんな人生に少し後悔もあるが、、、此の先に在る奇跡を目指し、超個人的漫画批評、はじめよう、、 さぁ 、行こうか。           超個人的漫画批評は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサ

約束のネバーランド(84点)

約束のネバーランド ( 84点)

原作 白井カイウ 作画 出水ポスカ

週刊少年ジャンプ 既刊7巻(2018年3月現在)

 

   エ〜本日は割と新し目の作品であります。
宝島社このマンガがすごい ! 大賞2018 第1位になった漫画です!今まで多くの漫画を読んで来まして。次何読もうかなと思った時のこのマンガがすごい!大賞はとてもありがたいですww。今回1位に選ばれるに当たって多くの著名人から賞賛を得たみたいで、ワンピ尾田栄一郎さん、こち亀 秋本治さん、芸能人の方達、SNSで言及されていたりと話題を集めている人気漫画!
   少年誌かぁ〜?いやいや選ばれるだけの内容になっているこの漫画、手に取って読んでしまったら止まられんかったわ、では超個人的批評いきたいと思います。

   運命の刻は来た──!
大逆の脱獄ファンタジー!!みたいな!キャッチ!
   グレイスフィールドと呼ばれる孤児に住む38人とママと呼ばれる給仕?が住んでいる。主人公エマ、孤児に住む年長者3人のうちの1人。38人兄弟と言うところだ。冒頭優しい雰囲気を覗かせながら、時折セリフを囲う。意味ありげ。絵のタッチもカッコいいかな。なんて軽く読んでいたら、とんでもない事に〜ワナワナ....残酷っしょイキナリ(ステーキ)汗 なんてゆってますけどゆーたら人間飼育所でしたわ〜こらぁかん!ネバラン(巷ではこう略されている)歳行った人間にはキッツイデーホンマ。1話の終わりにオフシーンがある...なんのオフシーンやねんと思わされる切なすぎんで〜

 

1話の終わりで急展開を見せたのですが、そこからがもう心をつかんで離さない!サスペンスホラー要素もあり考察あり、オレ氏は今出てる7巻まで一瞬ッ!個人的にかなり面白い!7巻まででずっと右肩上がり!こんな子供達がどやって生き延びんねんハラハラしよる。辛なってくるで。ママ人間の心取り戻してよ〜。読んだ方ならわかってくれる。プリズンブレイク久し振りに見たい(話変わりました )週刊誌では読んではないので早く次巻が出るのが楽しみである。

 

   賛否もある、いうほどじゃねぇみたいな声も上がってる。そりゃあしょうがないじゃん。千差万別ですわwww ジャンプっぽくないて言われるのも分かる。伏線、考察も結構記事にしている人も多くてそこもかなり気になる部分。果たして伏線あるのかどうかは?アイツは生きているのか... 世界感もスケールがありすぎる。プレスも痺れるぅ〜www
   とまぁ巻を追って所々オレ的に解説したいのだが今回はここまでにしておこうwww.言っちゃうと勿体ないような気がしてwww 第2回ネバランやります!この漫画まじでおススメよ。
      さよならコニー    リトルバーニー