超個人的漫画批評

Hello Manga Lovers all over the world, 漫画と共に歩んできた三十数年。 漫画喫茶に20代の全てを注ぎ込み、漫画こそが最高の娯楽だと信じてきた。 少年少女青年、昭和平成、時代もジャンルも問わずに読み続けてきた。 自身を形成しているのは漫画と言っても過言ではない。 そんな人生に少し後悔もあるが、、、此の先に在る奇跡を目指し、超個人的漫画批評、はじめよう、、 さぁ 、行こうか。           超個人的漫画批評は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサ

転生したらスライムだった件 (81点)

   転生したらスライムだった件 (81点)

   原作 伏瀬 キャラクター原案 みっつばー

   漫画  川上 泰樹

   月間シリウス 既刊7巻

 

  スライムで良かったね...

 別の漫画では女子高生が

   蜘蛛のモンスターに

      なっている‼︎‼︎

   何て言うか、子供の頃の想像を漫画にしてしまったとでも言えば良いのか?と...


   

元はWEB小説からの大人気小説を、原作者完全監修のもと漫画化‼︎ 通り魔に刺されて死んだと思ったら、スライムに転生!?相手の能力を奪う「捕食者」と世界の理を知る「大賢者」、二つのユニークスキルを武器に、スライムの大冒険が始まるーーー!

   この系統、ファンタジーな漫画は結構好きな方がいるのではないかと思われる。私はかなり好きな方だ。
だってスライムメインですよww。イメージはドラクエのスライムではなくテーブルトークRPG?(勉強不足ですみません..)らしい。wikiでも見てくれ!

 

   漫画は現在7巻ですが、小説の方は完結しているらしくストーリーの先読みができてしまうのも嬉しい反面、知ってしまって良いのだろうかという瀬戸際に立たされる..汗

 

   1話目にスライムとして転生した異世界の洞窟で「ヴェルドラ」と名乗る巨大な竜と出会いヴェルドラは主人公にリムルの名を贈り、主人公はヴェルドラと自分に「テンペスト」のファミリネームを名づけて友達となった。ヴェルドラは過去の勇者によって洞窟内に封印されていたが、リムルは転生したときに身に付けたスキル捕食者で封印結界ごとヴェルドラを吸収し、旅に出ることになるんだけど、この「ヴェルドラ」(竜種は世界に4体しか確認されていない世界最上位、最強種で不老不滅の存在。魔物の危険度をランク付けされ、最高位の天災級「カタストロフ」に位置している)を吸収した事により一気に強者になってしまうんですね。旅の冒頭から強くある。

RPGにてOPからLevel MAXなんて見てて面白い訳です。水戸黄門状態‼︎?


   主人公は転生前37歳男という設定、そのまま何も疑問もなく読んでいたのだが、同じく転生者シズエ・イザワを捕食した後に中性的で幼く主役的なキャラに変身できるようになるのだが、時折、私的に漫画とはいえ中身37歳のサラリーマンのおじさんだった奴がこの世界に来てこの世界を分かりきってる風に生きてる感が段々と違和感になって来ているwww! スライムが⁈って所が私的には良かったのですが...

 

   ストーリーもかなり面白い、魔王級との対峙の時に絶望感みたいなものを感じさせるスケール、読みながら(おぉ〜どうなるんやと)物語の中に陶酔してしまっている自分に気付くっていうwwwカスでしょう。


黒炎獄(ヘルフレア)など、作中の設定とワードセンスも厨二必死!必殺技の格好良さ、ネーミング、いずれ、ゆで先生と肩を並べる事は間違いない。カタストロフってwww

設定解説のシーンでは厨心を鷲掴みにされてしまう。


どこかゲーム感覚で読める所がいいんでしょうね。仲間になった魔物もレベルが上がり種族のランクも上がっていく。

 

   この先のストーリー、キャラ、まだまだ予測もつかない状況にあるので楽しみでしょうがないと言った所です。

 

   小説読めば1発で丸わかりですが。漫画には漫画の良さがあるので次巻を楽しみにして生きましょう。      では...